一体型ダイバータ付きスクリーンチェンジャー(SC with DV)

 

ダイバートポート一体型連続式スクリーンチェンジャー(CSC-DV)

ダイバートを内蔵した連続運転で、数秒のダイバートシフトで問題ないアプリケーションに対応します。プロセスポジションでは、流体が上部と下部のフィルターパックを通過します。 フィルター交換とエアパージ機能は、連続スクリーンチェンジャー操作のための標準機能です。設置方向は水平と垂直があります。

ダイバートモードで動作させるには、下部クロスボルトが完全に引っ込み、オンラインフィルターを流路から引き抜き、ダイバートポートにアクセスします。上部フィルターはオンライン状態のままです。 ダイバートポートを大気に開放しているため、すべての材料はダイバートポートを通り、上部フィルターを迂回して流れます。

 

 

ダイバートポート一体型油圧式スライドプレート(シングルフィルター)スクリーンチェンジャー(HSC-DV)

不連続のシングルフィルターで、およそ1秒以内にダイバータの切り替えが可能です。HSC/DVは、樹脂固化を避けるためにダイフローを迅速に確立する必要があるプロセスや、スクリーン交換のためにラインを停止させることができる場合向けとなります。HSC/DVは、水平方向と垂直方向に設置することができます。

 

 

 

ダイバートポート内蔵型不連続式スクリーンチェンジャー(DSC-DV)

不連続の単一フィルターが、約1秒でダイバートへ/からの移行を行います。DSC/DVモデルは、拡張クロスボルト設計を採用し、一瞬のダイバートモードでラインを操作しながら、オンラインスクリーンパックをハウジング内に格納する機能です。これにより、スクリーンを再びプロセスに戻す際に空気が混入することがありません。 スクリーンの交換時には、クロスボルトはディバート位置に完全に格納されます。

 

 

 

ダイバートポート一体型手動式スクリーンチェンジャー(MSC-DV)

MSC-DV スタートアップダイバータは、下流工程に導入する前に流体の均一性を確立し確認する必要があるコンパウンディングやその他のライン向けの低価格な機種です。 材料が到達すると、ラインを一時的に停止させ、便利なスローハンドルまたはラチェットにより、クリーンなスクリーンパックがラインに導入されます。 メカニカルシールのオプションは、様々な粘度と温度範囲に対応可能です。

 

 

 

ダイバートポート一体型インラインフィルター(チューブフィルター)(ILF-DV)

ILF-DV スタートアップダイバータは、スクリーン交換のためにシャットダウンするまでの運転時間が長いラインや、微細なミクロン単位のろ過が必要なラインにとって、手動式ではMSC-DV以外の別機種になります。 コンパウンドや、下流工程に導入する前に流体の均一性を確立し確認する必要があるその他のラインで使用されるILF-DV筒状フィルターは、切り替えバルブを作動させるためにラインのシャットダウンが必要です。 バルブの作動は、手動または自動で行うことができます。 ILF-DV には交換するシールがありません。

 


 

英文資料 (PSI社ウェブサイトへのリンク) はこちら

関連製品

    関連製品についてはお問合せください